2011年06月30日

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第13話 陽光乙女

 もう、心では解っているが、伊達先生が少し欲を出して残ってた兜を被り伊達家に拠る天下統一を成そうとした。伊達先生の言い分と信長の言い分で、結局は信長の意志が強く、親方様が兜を打った斬って真紅の甲冑伝説はここで終わる。「力が正義ではなく、正義が力だ」と何処かで聞いた台詞だが、天下統一とは難しいものだ。ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーならどちらに就く? 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

第12話 戦国乙女

 家康が真紅の甲冑を纏い暴れ出す。上空からの雷の一激も凄まじく防御も魔方陣を用いて攻防共に強かったな。光秀の策で最初にある程度に纏まり攻撃して、それからは、隙を突いて家康の消耗を狙う。最後は信長の一激で幕を閉じた訳だが。領民を守り家康を殺さずで悪を討つ信長の姿勢は真紅の甲冑を手にする資格だけは有ったようで。ただ、集めればこうなる事が分かっていたようで?少し突っ込まれてた信長。(笑 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

第11話 強奪乙女

 真紅の甲冑が家康の妖術で発動してしまった。本当は政宗の宝玉で正常なる物となり得るのだが、それが無いとなれば暴走の一途となる。。伊達先生の説明で今までのことが明らかとなったが、伊達家の血筋を受け継ぐ未来の彼も必死に天下統一を成し遂げようとしてたみたい。仮に伊達家が天下統一しても現代に影響を及ぼす程でもなかったのかな?士農工商は変わらなかっただろうなー。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

第10話 心中乙女

 「本能寺」が出てきてどうなるのか面白味は増した。光秀が政宗から譲り受けた酒でかなり昏睡し、信長の寝込みに火を放つ。だが、信長は強くて弓の一撃で周りの日を払い、逆に光秀は煙を吸い込み倒れた。媚薬を吸い込まされても酒で昏睡しても周りに火が飛び散ってても生還できる強者、信長だなー。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

第9話 西国乙女

 三人衆が小船で目立ちたかったんだろう、決め台詞のポーズを取って現れたが、信長の一振りで岸辺にプカプカと浮かんで撃沈。捕らえた三人衆から真紅の甲冑の有りかを聞き出し、秀光に行かせたまではいいけど、秀光は前回の信長と日出佳乃の行為に動揺してて仕組まれた罠に気付くことなく。。箱から3本もの槍が出てきて信長は髪を切られるは日出佳乃はさらわれるはでマジ切れ状態、マックス! 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする