2011年12月29日

第十三話 禁断の狂宴

 雨生とキャスターは馬が合うんだろう。お互いに話も合うし通の大親友の仲みたい。ちょっと、感覚的に大分、ズレてる二人でもあるが。等々、キャスターは全てを賭けて暴れだして来た。もう、ヤラれればそこでジ・エンド模様。そのキャスターに挑むサーヴァント3人衆。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Fate/Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

第十二話 聖杯の招き

 アイリの体の不調は何だろうか?ホムンクルスとしてのどうにもならない定めみたいなものを感じた。単に人間で言うちょっとした風邪だとか体力回復とは訳が違うのはそうなんだろうけども。死亡フラグが発動したね。遠坂は言峰と組み情報収集も一通りは終えて、頼みの言峰が事実上アサシンと共に消えてしまったのであれば後は自分自身の問題。アーチャーを従え戦いを挑む選択を決めたようだ。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Fate/Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

第十一話 聖杯問答

 サーバントだけのセイバー、ライダー、アーチャー3人による王の宴を聞かされた。其々の王たる所以は皆が持ち合わせてるが、セイバーは言葉に詰まってたね。彼女自身のそれは別に構わないけど、国や死んでいった仲間たちを復興、復活させることにライダーは王の「在り方」としてそれは認めぬ感じで、アーチャーは笑ってた。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Fate/Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

第十話 凛の冒険

 凛の幼き頃のちょっとした寄り道みたいなエピソードだった。詳しいことは忘れたが、前作では立派なヒロイン役の一人だったし馴染み深さもあろう。ただ繰り返すが凛の経緯は覚えていない。。もしかしたら、遠坂時臣に貰った魔力を示す(探知する)ペンダントみたいな物は伏線となってて、前作でも使用してたのかな?とか。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Fate/Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

第九話 主と従者

 ランサーは前世にディルムッドと呼ばれていたらしいが、グラニアとの仲も持ったようで。それにより、何度も狙われたみたいだが、フィンも最後には仲を認めたらしいと思ったところで、実はそうではなく、その場で殺されたと言ったところかも。ランサー自身は仕方が無いと言うか当然の面もあるが、残されたグラニアもかなりの仕打ちを受けただろうに。。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Fate/Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする