2014年04月06日

Panasonic RX-DT9

かなり遅れて申し訳なかったです。済みません。。今回は、RX-DT9と言う上位機種の登場。もう、4、5年前にもなろうか、実働品、中古に3万以上の値が付いてたのを思い出す。あの頃は、CDラジカセも盛んで面白い時期でもあった。消費税も8%に上がり、その他も連動で値上がり。時代は、刻一刻と暗黒へ向かうでしょう。ザビ家による宇宙コロニーも視野に入れなければいけませんな。私はミネバ・ラオ・ザビの家臣になります。(苦笑
続きを読む
posted by 魔法が使えます at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CDラジオカセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

Victor RC−X777

もう、5年も経つのかな、割と多く見かけたCDラジカセで、安く手に入れては分解の勉強も兼ねて弄ってた機種。カセット部やCD部を取り出してはまた、付け直して1つの実動品にして楽しんでた。液晶部の照明はいつも半端な玉切れが多くて困ってはいたが。電球が4、5本付いてる白っぽいユニットにコードが1本あり、本体側に差し込む構造と成ってたはず。この本体も半分は照明が点いていたが今は全滅した。(汗 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CDラジオカセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

Panasonic RX−DT95

RX−DT75のトップグレードに位置するCDラジカセだったので手に入れてしまった。3150円で何とか個人的な感覚で適正価格ではあったかな?一通りの動作はされてたみたいで、それも勿論、考慮してのこと。デフレモデルに入ると兎に角、カセットデッキの不良が多くて困った物だし、横型の配置に拒絶感さえ漂うわ。。リモコンはRX−DT707用に購入したDT909の物を使ってみた。(苦笑 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | CDラジオカセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

AIWA CSD−SR8

リモコンが無いので手作業が面倒なこともあるけど、日本製のAIWAでSTRASSERの金ロゴが心強くも見える。バス・バランスとトーン調整は12時の真ん中に位置させてCDを聴くと、高音が目立つ音作りじゃないのか。低音は奥底でポンポン鳴って入るが前面に出てきてまで響く感じではない。「BBE」と言う調整もあるけど、これを使うと更に原音がリアルに聴こえてくる。これも、完成された実力派のCDラジカセで間違いないわ。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CDラジオカセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

Victor RC−X90

外見では古そうな感じの年代でしかし、当時は間違いなくトップグレードに位置するCDラジカセ。CFD−900並みのゴチャゴチャしたボタンの配列が見られるし、中央縦長にそびえ立つディスプレイもお見事。押入れに閉まって置いたけど細かなゴミが被っていて、再度クリーニングするのに手間暇が掛かった。しかも、押入れの一番奥に潜んでいて取り出すのに。。 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CDラジオカセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする