2010年04月17日

ご愁傷さま二ノ宮くん

第1話 キスしちゃえよ
 二ノ宮峻護月村真由の2人は幼き頃をまだ思い出してない感じでの話だった。いつかは気づいてそこからまた色々な展開がありそう。男性恐怖症であり、異性を魅力して精気を吸い取るというサキュバスの真由を守る二ノ宮くんで今のところはOK。白熊を倒す二ノ宮くんを初めに見たときは武術関係もあるのかなと思い、「史上最強かよ」なんて白浜兼一を思い出したよ。その内に、ワンポイントの姉の涼子が無尽蔵に強くて戦闘を繰り広げているし、二ノ宮くんと真由は幼少の幼馴染?だし、こちらも昔に真由とコンタクトがありそうな北条麗華などなど、ある程度は方向性も分かるようだが?まだ、第1話目だしこんな程度ですね。
 似てるアニメとは言えないけど、感想では前に「ななついろ★ドロップス」を観てるのでそれと比べてしまう。特にキャラ的に。ピンクの髪の毛である真由、ラクス・クラインとか天上ウテナとか意味不明に連想もしてしまった。少女革命ウテナみたいなアバンチュール展開はどうだろう?石蕗とすももがあまりにも純正だったもので。まずは、真由の男性恐怖症を直さない限りは被害に遭う異性が絶えないのでその解決で進んで、真由の言ってた「目を覚まさなくなったら」が二ノ宮くんの良い活躍の場でもあろうと予想してる。学園でも男女の何人かはサブで登場してくるだろうし、ご愁傷さま二ノ宮くんに合った内容のアニメで観れればそれで好し。最後の二ノ宮くんは本当にご愁傷さまだったりして。(笑

第2話 押しかけちゃえよ
 麗華と保坂光流を見せつつの話だった。麗華は二ノ宮くんより1年先輩だが、彼と昔に何かあって惚れてしまった感じだろう。本人は覚えてはいまいが。涼子が誰かから貰った大きな家にまた、新たにメイドとして3食付き日給200円の麗華と保坂が交わり、共に暮らしが始まる。サキュバスも特殊だが、二ノ宮くんの武等も見てみたい。初回で大きな白熊を倒した印象もこれから使って貰いたいところだ。麗華に初めて会った時に真由は性格が変わったみたいだが、これも、サキュバスに関係してるのだろうか?
 二ノ宮くんと真由と麗華に他3人が中心で動くみたいだけど、人とは違った血筋を受け持つサキュバスである真由の危機に二ノ宮くんの武等が炸裂も面白そうかな。まあ、麗華の腕の関節を決めての場面はあったんですけどね。今は真由のサキュバスを抑えて男性に刺激を与えないように、周りの男性から真由を守る彼だけど翌々は恋愛急展開みたいに真由を追う二ノ宮くんもありかなと。麗華に気を取られて落ち込む真由に新たな展開でもいいんだけども。それとも、このまま二ノ宮くんの独占でそのままの独特路線で進むか、まだ、決め付けるのは難しい。プロポーションに張りがあればOK!その点、綾川日奈子は頑張っている。

第3話 街へでようよ
 麗華のヘアーセット完了は個人的に楽しめた。さて、本編は平凡だねー。綾川日奈子の出番が多かったのでつい見てたけど麗華の作戦もネタだしそれといった内容のものでもなかっただろうか。日奈子と真由が友達みたいな関係になり公園で少しは人間の女の子らしくなった真由の様子がポイントだったかな。二ノ宮くんに接近してきた奥城いろりもメンバーになりそうでこれから話されるであろう修学旅行のターニングポイントでしょうね。
 涼子や美樹彦は何がやりたいのかさっぱり意味不明だけど真由や二ノ宮くんを押し出すには要る存在だし、仕方がないね。まあ、この2人が居なかったら話が進まずにゲームオーバーもあり得るし。麗華のバー作戦絡みで真由が恥ずかしがってた物のオチは微妙に旨かったでしょう。今回も少し出てきたけど昔の真由と二ノ宮くんの想いでがあるのだが、なぜ、2人とも思い出せないんだろうね?何か二ノ宮くんのハーレムで進みそうな感じだろうか。EDのチアガールはらいむいろ戦奇譚を思い出したぞ。馬飼新太郎も石蕗正晴も二ノ宮くんも同じような髪の色だし性格も平均的に似てるかも。あ、流奇譚Xはまだ見てないや。。

第4話 留守番しようよ
 二ノ宮くんの修行があったけどこの特訓を活かした話も今後に繋げて欲しい。真由と麗華のピンチとかに関わるような。特訓相手は、山田さん、田中さん、中山さんと来てどうやら、シリトリシリーズみたいでしょうか?留守番しようよはツボに嵌った面白さがあって全体的に楽しめた内容だった。やはり、涼子と美樹彦は外せない人物だろうね。ここから、ご愁傷さま二ノ宮くんの反撃開始か?(苦笑
 真由が恥ずかしそうに持ってる本は予想通り前回の麗華バー作戦に関係してましたね。二ノ宮くんがたまに夢を見る内容はどうやら麗華だったみたいだが?二ノ宮くんはいつも1人で寂しくアパートに居たらしいが、両親は居ない様で?姉である涼子が一生懸命に育ててきた、そんな印象も受けたが。麗華は覚えているらしいが二ノ宮くんは忘れている感じだ。夢が重なっていく内に段々と思い出して麗華にときめメモリアルの二ノ宮くん。
 真由は真由で病弱だった頃のひと時の大事な想い出。天秤に掛けられる迷う二ノ宮くんなんだろうな。メイドの掃除で出て来た人形はセンスが良くて欲しいくらいだった。隠し通路で真由の胸にセンサーが引っ掛かるのも単純な仕掛けの水も火も鉄球も真由と麗華の二ノ宮くんに関わるちょっとした話が動いた様子に地獄直行が既に逆で開いたなどは見どころだった。
 真由も綾川に麗華にと友達が出来てからは天然だけど喋り出してきたし、連れ去られた真由と麗華を追う二ノ宮くんに新たな展開も待ち受けているだろう。順調に進みそうだ。

第5話 海へいこうよ
 海での様子は必ず出てくる設定で二ノ宮くんと真由と麗華の関係も基本中の基本だった。前半は真由と後半は麗華と二ノ宮くんはあれこれだった。どちらかが好い感じになると他方はへ込んだり、好い感じのその様子を目撃して勘違いを起こしてショックを受ける。麗華が夕食の時に居なくて3人での食事前の場面で保坂が先輩らしい鋭い突込みを勘考。出だしがバニーガールだったゆえにその印象は強く、ちょっとビビッタよ。
 真由は普段の練習とは違った二ノ宮くんと楽しんでたし、麗華を見て「麗華さんも・・」とかの様子や、麗華は後を追って来た二ノ宮くんとそれなりの和む照れくさい見せ場はあり、麗華の奥底に潜んでいるサキュバスの存在や「約束」が語られたりで、更に真由は罠に引っ掛かってるし、麗華は元に戻って素の麗華で照れてるし、行き成り銃を衝き付けられるご愁傷さまに二ノ宮くんのオチが良いじゃないか。
 謎の組織の潜水艦が現れてピンチの3人。白熊を倒したあの武術が次回にお出ましだ、二ノ宮くん!約束はそろそろ思い出しそうで、真由か麗華のどちらかが傷つく羽目になりそうだ。幼い麗華の夢を思い出すと本人(麗華)自体は知らないみたいだけど、野原で二ノ宮くんと麗華が居た様子では分かっていたような気がするが?「目を醒まさなくなったら」と麗華が言って二ノ宮くんを「止めた」様子があったし。
 その少し前辺りから二ノ宮くんのことを想い過ぎて束縛したくサキュバスが居座ったのではなかろうか。久々の妄想ですけど。EDは見るほどに味が出る。「ふれふれっぼんぼん!」って面白いタイトルだ。コロムビアミュージックエンターテインメントってDENON(デノン)?アニメだとLDの時代でパイオニア、ビクターエンターテインメントは分かるけど。

第6話 思い出してよ
 二ノ宮くんは跳び膝蹴りを多用してたのでムエ・タイが得意なのかな。プロ集団相手にも余裕だったし、涼子共々、史上最強だね。そう強くなる理由も昔の事情やら今後の展開に関係してるようにも思える。アパートでいつも1人だった二ノ宮くん以外の家族は未だに不明だしね。どっきり大成功か。霧島しのぶの部隊達がマジに作戦を遂行してて麗華や真由の作戦にまんまと引っ掛かって打っ飛んでいったようだが、こっちも涼子と美樹彦の罠に見事にはまってしまった。しのぶが北条家メイド長になって最後はふれふれっぼんぼん!だしさ。
 麗華の事を思い出したのでこれからは前以上に二ノ宮くんは気にするだろう。でも、人格が変わってサキュバスになる麗華の問題もあるし、この前の二ノ宮くんと麗華のことを気にしてるみたいの真由も居るし、もう少し観てみましょう。二ノ宮くんが強くなる訳や麗華、真由のサキュバスの話が中心なんだろうけど。しのぶが出て来た時は麗華と同じ様にしのぶもそうだったのかなと思ったが、麗華とは顔を知ってる仲だし涼子や美樹彦の公認なんでそれはないみたい。保坂先輩は二ノ宮くんと同じ実力の持ち主で何れは麗華を懸けての闘いがあるかも?多分、保坂は麗華の全てを知ってるのではないか。しのぶの部隊を退治する麗華と真由の作戦はサキュバスかと思ったが、見事に外れた。
 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ご愁傷さま二ノ宮くん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする