2010年04月21日

みなみけ おかえり

みなみけ おかえり 年の初めの
 3期シリーズに突入となったのか。ってことはヤンマガでみなみけは人気があるんだろうね?おかわりと比べてどうなるのか、何かを期待してもいいのかと苦笑気味でスタートした感じ。率直には、おかわりのごく平凡な日常がそのまま続いただけのような。。何かの期待もなさそうだしねー。OPの「変わらない日常に新しい風を巻き起こせ」なので頼むよ。
 千秋の言う「カップ焼きそば現象」は具体的によく分からんが、タケルは正月の定番で「何かね、仕事がもうね、何かね、礼子さんがもうね」って何度も口にして精神?みたいで個性が出てた。春香の新茶は世間体でごくあることかな。2人の気まずさもよく分かるし、それに堂々と夏奈が「何が好いねーだよ」って突っ込んでた辺りは彼女の特徴。大人は分かっていても黙ってるもんですよ。(状況に拠るが)
 新茶は美味しいが春香の勘違いで出したお茶も美味しいように思える、新茶よりかは劣るが勝ってもいないし負けてもいないオチさ。中のエンディングは罠にはまった。コマーシャルは挟むものコロコロと入れ替わりで流れるので終わりかと思った。タケルのペンは唯一の武器でこれには説得力があったね。保坂の108回目のおみくじは失敗に。願いを込めて石を108集めて積めば何たらこうたらとかなんだろう。

オレも
 冬馬の持ってきたお菓子は夏奈が両手で持ってシャッフルしてて、止めに藤岡がガツンと奪い上げた時点でお菓子が崩れてぐしゃぐしゃになる。千秋が馬鹿野郎と叫んでOPだろうと思ってた。お土産や送られて来たお菓子だと、つい食べたくなる気持ちは分からんでもない。藤岡はまだ冬馬が男の子だと勘違いしてるんだ。藤岡本人も意味不明な人物なので突っ込むべきところではなかったかな?
 序にシュークリームも作戦だった。千秋の様子を伺ってる夏奈の表情は好いね。アントニオ猪木の鋭い眼差しをも感じた。同時に戦闘以外では空っぽ?なのもよく似てて想像しながら噴いた。シュークリームは本当だったのか。。保坂編は速水が「そんなところで引っ掛かっては駄目」ペシ!がまあまあ。諺を将棋の駒に例える保坂もあれだが「桂馬」と言えば先に素早く飛んで行く駒でもある。
 保坂の妙な手つきや妄想でマキもアツコも逃げるように行ってしまった例えだったと思うが?「馬」は将棋で普通、「角」成りの駒だ。角の速水が斜めから張り手を打ちかまして激怒し馬になった。前回に書くのを忘れたが、個人的な最重要である人物の登場も見逃せない。名前は忘れたが千秋と仲が好くなった、親父さんの転勤?で引越しを繰り返し去って行った男の子さ。出てくると思うのだが。

直ぐに追記
 次週の録画をするために終わりの部分を確認したら、まだ残ってた。また騙されたな。カレーの妖精、保坂の妄想コンサートは、カレーの香辛料のロゴ合わせもバッチリで○。演奏が終わった後の一礼は勇者の証だ。タイトルは「オレもカレーにしよう」だったね。スタッフも必死になってる模様です。(笑

ケンカでも
 前回の続きだろうか?だとすれば買ってきたのは千秋。無事に買ってきたけど1個足りない。絶対にクソ生意気な夏奈だと思ったのだが、蓋を開けてみれば三姉妹の仕業だったかな。タケルが3つ追加して5つでゴレンジャー無事解決。お土産って持っていった場合に必ず出してくれるけど個人的には迷惑。自分は皆さんに口にして欲しいのに、なぜ持ってきた自分が自分で食べなければならないのか意味分からんよ。
 向こうにしてみても出すのは礼儀で当たり前のことなんだろうけどね?ここだけの話だが実際に自分ではないが、要らない物を送ってくる奴は居るね。デパートの美味い物でも送って来いよと。。青森のリンゴや山形のカキは名産だけど、せめて人に送るなら良い物を選んで送れ。久々に冬馬の三兄弟が姿を現した。見慣れない「みなみけ三姉妹」とは違い単純だけどあの時間が無駄な会議は面白いな。
 会議の答えが焼きリンゴってのはバレバレの話でイマイチだったが、その後はメチャクチャになりカレークッキーの出来上がり。お約束の焼きリンゴ出来上がりよりはそれなりの終わり方だったと思う。ケチャップのトンチで100は説明を聞いた通りで問題は「+7」。夏奈と分かった人は居ただろうか?次はプレーンヨーグルトと予想する。

あるべき秩序が
 冬馬は準主役に近いくらいに頻繁に出てくるが、名字が南でもあるからだろう。おやつを摘み食いされた冬馬が夏奈に頭突きを慣行。春香もアイアンクローをお見舞いしてた。プロレスのネタが流れていたためだったんだ。春香のは顔面クローだよな。(1本足)頭突きはサブミッションの他に得意としてた藤原喜明(組長)、アイアンクローは故、アンドレ・ザ・ジャイアント(人間山脈)と個人的に思ったりもしてみて。
 前にも冬馬へのプレゼントの話があったと思う。ウサギの包みかシールを貼ったのは良かったが、傘の黒って益々、男っぽくじゃねーか。新人のヒトミは「瞳」に関したネタ構成で出て来た。「希望の光」はまたヒトミが勘違いしたし、保坂は微笑んで傘を教室の前に置いて去って行ったが、妄想を越えてあるべき秩序が崩れ去った彼であると、見てる側から察した。手の付けようがないキャラに育ってるね。プレゼントの黒傘も秩序じゃなかったが。冬馬は水樹奈々だったのか。

楽しくなる
 プールの話で主人公の誰かが泳げないと言う話は何度も見てきた。「楽しくなる」ってあまりよく分からんかったが。日常過ぎた内容で眠くなってきた。唯一の面白味は存在感ないシュウイチの登場だった。最後の方で冬馬と藤岡の「タッチ」にオチを期待してたが、冬馬がトイレに逃げ込むだけだったのが残念。夏奈の蹴りは前回から受け継いでるものだったなー。今から急いで借りてきたみなみけのマキシングル2枚をテープに録音。「絶対カラフル宣言」と「経験値速上々↑↑」だがね。不味い、感想が溜まって来たぞ。(苦笑

流してほしい
 千秋のスイカ割りは見事だったが、手っきり夏奈の頭に直撃かとも思ってた。良い子の皆は真似をしてはいけないので、そこまでは出来なかったんだろう。最後には夏奈の仕業だったが、「流してほしい」はそこそこのオチだった。日常では聞きなれないものだったし。タケルの方向音痴はまだ継続中だな。(笑
 栗ご飯に秋刀魚に松茸って季節が流れるのは早いね。悲惨な夏だった千秋のささやかな逆襲の千秋か。夏休みの宿題を忘れてたってどれだけ遊びほろけていたのかはさて置き、今は私大の受験シーズンか。もう、終わった頃かな?後は合格発表を待つだけで、受かったら何でも好きな物を買ってもらい好きなことをやって欲しい。
 まだ、国公立と高校受験が3月に控えてはいるけども。嫌いな物でニンジンやピーマンは代表格で何処が嫌われるのだろう。炒めたピーマンは美味しいし煮物のニンジンもいける。夏奈の隠し味でカレーにニンジンが入っていたが、大きくしないと形が崩れてドロドロになると思うんだ。その点は上手く表現してた。風呂場で水遊びなんて庭での貧乏姉妹物語を思い出したなー。

オレでよければ
 マコトが扱けて千秋はトンボを手に馴らしていたので、運動音痴はマコトかと思っていた。練習の甲斐もあり仲も微妙に進展したようで。と思えば「可愛いじゃないか、タヌキ」に全然、程遠いマコトでしたとさ。秋の運動会とからしいが、作品は現在の卒業、春までに一巡して回したいのかな?
 使用してるマグカップはない。コップでは水を飲むための物と歯磨き用のカップだけ。基本的に飲料水はペットボトルのお茶と稀に水を買うくらいで、家でコーヒーは面倒くさくて飲んでられない。。でも、探せば景品用(UFOキャッチャー)のときめきメモリアル(藤崎詩織)はあるかと。(笑
 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | みなみけ おかえり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする