2010年04月26日

特公

.1 暁
 何かのアニメの広告として目にして見たいなとは思っていた。藤沢とおる氏のGTOはファンでしたし。ビデオは中途半端なところで終わってるので最後まで作って欲しいかな。原作の単行本は確か最終巻としての2冊同時発売でしたよね?勿論、全巻揃えてあります。特公もGTOと何か雰囲気が似ているところがあって欲しいし、どんな作品なんだろうかと楽しみだった。
 作品の背景は同然違うが、人物関係なんかはGTOに近い感じで良かった。中道蘭丸とその妹の中道沙也は仲が好い兄妹みたいだし、沙也は蘭丸思いのちょっと天然も混じってるかな?妹の下着のサービスシーンもお約束でした。簡単に言ってしまえば、クレイモアの妖魔が人々を襲う。5年前にその妖魔に両親が殺られた敵を討つために2人とも揃って特殊機動捜査隊(警察)になったと。
 蘭丸の腐れ友人花園一郎も同じ課に配属されたてコンビで事件を追う。一郎はメイドカフェとか通ってるみたいでコスプレが趣味みたい。一郎はコスプレと蘭丸に、蘭丸は一郎にシスコンとお互いに突っ込んでたりしてたが、マジになる時はお互いにマジになると言うそんな感じの関係なんでしょう。バケモノは地震が起きてその後にゲートと呼ばれる穴から血だらけの人が出てきて次々と事件を起こすらしい。首を刎ねたり喰ったり?で結構エグい。
 そのバケモノを退治する課が特公と呼ばれるらしくて鈴鹿紅葉伊吹涼子六条さくらが居る。さくらは蘭丸の相手役にもなりそうなキャラだろうね。サイコホラーのアニメみたいでバケモノは人面と呼ばれる顔が人に取り憑いて次々とゲートから出てくる。蘭丸も人間とは違った感覚の持ち主みたいでいつかは覚醒する感じだ。バケモノとの争いでの解決策が何であるのかが興味深いところです。蘭丸と一郎が配属されてる所の上司の国樹田薫はファンサービスで小憎らしい演出だった。懐かしかったよ。(笑

.2 夢
 
さくらと蘭丸は昔に顔を会わせていたみたい。さくらは地面に落書きばかり書いててそれ以外は興味なさそうでどこか普通の女の子ではなかった様子。町田事件の生き残りがバケモノに狙われているらしくその対象が蘭丸や妹の沙也でもある。両親はその奇妙な事件で亡くなっているが。
 バケモノは人面の寄生虫を人間の口に喰らわせて操り犯罪?を犯してる。目的は町田の生き残りの始末なのか他の目的なのかは分からない。国樹田のパートナーである真面目そうな村正が色々と手を回して特公2課やバケモノの情報を引き出して話が進んでいく感じ。
 国樹田は目立っているね。「らしくて」良いよ。.1で書き忘れたけど、ルービックキューブみたいな物の一部のパーツに血を垂らしてバケモノを呼び寄せてるみたいだが、その奴等はフードを纏った集団宗教?かな。そいつ等を仕留めれば奇怪な事件は起こらなくなるし蘭丸や沙也の敵討ちも終わるんでしょうかね。さくらとの関係はどうなるんだろうか?次ぎ辺りに合コンがあってさくらと蘭丸の話が見てみたい。

.3 絆
 少しだけ合コンがあったけど、国樹田薫が美味しい所を持っていってしまったか。六条さくらが来るのを期待してたが、特公メンバーじゃ来るわけないか。さくらには弟が居て町田事件の時にバケモノに切り刻まれたらしい。今では閉鎖病棟で治療を受けてるが機械での呼吸が精一杯。そんな事情もあってかさくらの性格も変わったみたい。と言うことは、いつも無表情で落書きを書いてたさくらは事件後のさくらと思って間違いないってことになるのだろうか?
 町田事件の生き残りの血の臭いを追って人面が暴れだしてるが、その血を欲しがる訳はまだ隠されている。人面を操る本体が居て、それらは、別の世界に住むファントムとさくらが言ってた。これで、妹の沙也も狙われる対象となった。蘭丸の右腕に痣(あざ)が出来てたが妹にも何れは浮かんできたりするかも。まあ、生き残り全てに痣が浮かび上がる設定はないので沙也は普通の人としてのキャラでもあるかな。さくらも首筋にかけて痣があったが、痣を持つ人間こそが特公としてのメンバー入りを果たすのであろう。
 犬飼武流がようやく僅かだけど喋った。それぞれは「刀」という専門武器を使用してるが、蘭丸の武器はさくらと同じ物になるのだろうか?人面の白い虫は気持ち悪いが、今回の病院の先生方を襲った虫たちの顔は可愛かった。最後は、さくらに踏み潰されてグチャなんだけどね。OPのゲットアップゲットアップは聞き入ってしまう曲。歌詞も全て英語?みたいだし、これならカーステレオで聴いても大丈夫だろう。アニメソングだと信号待ちの時にボリュームを低くする手間が面倒で。特公のさくら、紅葉、涼子、武流や蘭丸、沙也や国樹田、花園などのキャラのバランスが良くて見てて面白いTOKKOだ。息抜きの話でもう少しだけGTOを入れて欲しいかな。本屋に行ったら仮面ティーチャーがあったので多分、藤沢とおる氏の最新作でしょうね。「Rose Hip Rose」は手元にあるがまだ読んでません。(汗

.4 兆
 また、沙也のお節介で蘭丸に彼女を紹介。「まだ、一度も男の人と付き合ったことがないんだって」とのことです。今回のデートは特公や謎の事件を知り得る資料だとか証拠が欲しくて白石雪乃とデートした感じでしょう。雪乃は血痕とか体液とかそっち専門の部署らしいので序に情報を聞き出す蘭丸で話されていた。雪乃を見た途端にキスダムの由乃を、意味はないけど「雪乃」の名前を聞いてアイマスの雪歩を思い出してしまった自分は・・・。仕事柄も由乃と同じ様な感じだったし。(苦笑
 謎のバケモノの外観が少しは分かってきた。錬金術師たちが錬金を用いて精霊を呼び出してるらしい。その精霊はバケモノや12号?で錬金術師はフードを着てた奇妙な者たちを指してると思う。金色のルービックキューブみたいな断片に血を垂らして召還させているのだろう。なぜ、そこまでして町田事件の生き残りを始末したいのかは分からないが。以前に白い人面の虫がサンプルである蘭丸の血を美味しそうに飲んでいたが何か関係してるのかな?蘭丸が12号に襲われて人面にやられそうになった時に腕の痣が浮き出て防御したが、そろそろ目覚めて特公の仲間入りにの段階に来たのでしょうね。蘭丸のその事実を徐々に知ってしまう妹の沙也の気持ちの変化や行動にも今後の興味の対象かな。今はお兄ちゃんお兄ちゃんばかりの明るいキャラでもあるし。

.5 鬼
 さくらの話では、蘭丸の痣は「破滅の印し」らしくて雪乃の親父さんは蘭丸の痣の力を目にして「共生者?」と言う。蘭丸は人間とバケモノの融合体なのかな。半人半妖とかハーディアンをも思い出してしまう。雪乃の父、白石技官は自分の研究成果を試みて自らをバケモノ化してしまった。何れ人類は悪魔に喰い尽されるとのことでそう至ったらしい。人面の白い虫や特殊な異生物体を喰っては身なり代わりをして力を得てたのでしょう。蘭丸の痣の力を得ようと攻撃を仕掛けてもう一歩で蘭丸がやられそうになった時に雪乃の捨て身のフォローが入った。
 背中をバッサリと斬られたので危ういかも。その場から逃げ遂せた白石技官は謎の人物にアッサリとバラバラにされたが、新たな仲間かそれとも敵かよく分からなかった。バイクに乗って去って行ってしまった男女ペアーだったけど。女性は制服を着てたので女子高生でしょうね。技官がバケモノに成る前に蘭丸に話してた内容からして大体のこれまでのバケモノの話が見えてきた。108個のパーツからなるドゥルジの箱が冥界と現世を結ぶゲートの役目を果たしてるらしい。そのドゥルジの箱は既に108体の悪魔になってしまっていてこの奇妙な事件を解決するには悪魔達を倒して再びゲートを閉じなければならないと言う話だった。
 前に蘭丸が襲われたバケモノの12号とは悪魔の12番目という意味だろう。1人の悪魔を片付けるにもかなりの手間暇を要するのに残りの107人の悪魔退治となると。。まず、全部話されることはなかろうね。となると、12号を引っ張って新たに加わる男女2人?と蘭丸の覚醒?で幕を閉じるのもありかな。全部の悪魔達を倒すにも何十年も係ると思うし、蘭丸がそう決めたとして悲しむべき妹の沙也だろう。でも、特公の4人が今までに殆どの悪魔達を倒していれば、後はドゥルジの箱を粉砕したりゲートを閉じてしまえば最終を迎えられますけど。で、何で町田事件の生き残り蘭丸と沙也が狙われるんでしょうね?

.6 哀
 
蘭丸みたく刺青をもった者は108個のパーツの一部を体に組み込まれている。なのでバケモノと争える力は得てるが、間違えればバケモノに。「覚醒」とか言ってたけど、本当にクレイモアのプリシラの様子と殆ど同じかな。違うとすれば、覚醒者はそんなに強くはなさそうで、特公の紅葉1人でも退治できるか否かって所だろう。
 紅葉も町田事件の生き残りで両親を亡くして弟と2人になる。蘭丸と同じく刺青を持つ弟はある日、覚醒して紅葉に止めを刺されたと。ドゥルジの箱はもう一度集めて組みなおしてゲートを閉じるようなことを紅葉が口にしてたが、あと何個のピースを集めればいいのかとかの話は出てなかった。ファントムはゲートが開いたときにどういう訳かこっちに1人紛れ込んで来たらしいが、そいつが町田事件の主犯らしい。さくらの夢に蘭丸らしき人物がさくらを切り捨てる様子があったが、これは、蘭丸が覚醒して云々の話に繋がるものだと思うが? 続きを読む
posted by 魔法が使えます at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | TOKKO 特公 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする